画像をクリックすると拡大されます
作品名樹霊淡墨桜(額装)
作 者中島千波
技 法木版画
肉筆サイン及び作家認印が押印されます
寸 法屏風寸法:天地74.5×左右145.5cm
仕様:二曲半双屏風仕立・カシュー漆塗り縁仕上
(壁面に吊るすこともできます)
略年譜1945年 日本画家・中島清之の三男として
疎開先の長野県小布施に生まれる
1969年 東京藝術大学日本画科卒業。
第54回院展に初出品、初入選
1971年 東京藝術大学大学院修了。
日本美術院院友となる
1977年 第32回春の院展奨励賞受賞
(以後’78年、’89年受賞)
第62回院展奨励賞受賞
(以後’81年、’88年、’91年受賞)
1978年 第33回春の院展奨励賞受賞
1979年 第5回山種美術館賞展優秀賞受賞
1980年 第2回日本秀作美術展出品
(以後’81年、’91年、’95年出品)
1984年 第1回横の会結成に参加
(以後1993年の第10回最終展まで参加)
1985年 第1回日本画裸婦大賞展大賞受賞
東京新聞連載小説「夜の光に追われて」
(津島祐子著)の挿絵制作
1987年 NHK「きょうの料理」のテキスト表紙絵を3年間担当
日本経済新聞連載「食卓の微笑」(戸板康二著)
の挿絵を1年間担当
1988年 朝日新聞連載小説「きのね」
(宮尾登美子著)の挿絵制作
1989年 ベルギー・ユーロバリア・ジャパン
現代日本画展出品
1990年 三渓園臨春閣第6室襖絵「不二と桃花」
「松林図」を完成
1991年 『中島千波画集』が求龍堂から刊行される
1992年 「おぶせミュージーアム・中島千波館」
(長野県小布施町)開館
日本経済新聞連載小説「姫の戦国」
(永井路子著)の挿絵制作
1993年 上諏訪北澤美術館10周年記念中島千波展開催
1994年 東京藝術大学美術学部助教授に就任
歌舞伎座の筋書表紙絵を1年間制作
鎌倉・鶴岡八幡宮の斎館貴賓室床の間壁画〈孔雀図〉制作
1995年 歌舞伎座緞帳〈淡紅白梅図〉完成
パリ・三越エトワールにて中島千波展開催
1996年 『中島千波 花図鑑』が求龍堂から刊行される
グループ「目」を結成
(以後毎年グループ展を開催)
1998年 日本美術院を退院する
1999年 「週間朝日」連載小説
「宮尾本『平家物語』」挿絵制作始まる
2000年 東京藝術大学美術学部教授に就任
『中島千波 彩図鑑』が求龍堂から刊行される
宮尾本「平家物語」青龍之巻挿絵展開催
2001年 宮尾本「平家物語」白虎之巻挿絵展開催
東京藝術大学美術館「デザインの風」展出品
2002年 深川不動尊(成田山東京別院深川不動堂)
内仏殿格天井の原画 (100号)完成
2003年 日本橋高島屋にて「さくら桜櫻展」開催
2004年 深川不動尊(成田山東京別院深川不動堂)
内仏殿格天井の天井画完成8月27日奉納、
翌、28日より一般公開される
「想-願-祈-中島千波・天井画を描く展」
(おぶせミュージアム・中島千波館)
「中島千波作品展 おもちゃシリーズ
(『壮快』表紙原画を中心に)」(高松三越)
2005年 中島千波さくら紀行(丸の内・丸善ギャラリー)
花の心を描く中島千波屏風の世界展(日本橋三越、他巡回)
還暦記念「中島千波の世界展」
(日本橋高島屋、京都高島屋、おぶせミュージアム
中島千波館、北澤美術館 他巡回)
現在  東京藝術大学美術学部
デザイン科教授グループ「目」メンバー

    

訳あり 中島千波作 (屏風)肉筆サイン及び作家認印が押印 木版画 「樹霊淡墨桜」-日本画

What's New

訳あり 中島千波作 (屏風)肉筆サイン及び作家認印が押印 木版画 「樹霊淡墨桜」-日本画

2013.10.10
2013.10.9
2013.10.7

訳あり 中島千波作 (屏風)肉筆サイン及び作家認印が押印 木版画 「樹霊淡墨桜」-日本画

訳あり 中島千波作 (屏風)肉筆サイン及び作家認印が押印 木版画 「樹霊淡墨桜」-日本画